netkeiba.com

ユーザー名

須貝尚介調教師(1)『厩舎訓は“愛情、感謝、責任”』

2012年08月06日(月) 12:00

今月のゲストは須貝尚介調教師。開業4年目の今年、2年連続での函館リーディング獲得、現在全国リーディング5位(8/6現在)と絶好調。そして何と言っても、ゴールドシップでの皐月賞制覇の栄冠が甦ります。今最も旬な須貝調教師に、厩舎躍進の秘密とクラシックホースの秋の展望を伺います。

赤見 :須貝厩舎は今年が開業4年目となりますが、今年のご活躍はものすごいですね! 開業してこれだけ早くに結果を出されたのはいかがですか?

須貝 :いやいや、今だけかもしれないですよ(笑)。この仕事は、馬主さんの理解を相当得られなければできないですからね。そういう理解してくださる馬主さんが僕の周りにはいらっしゃるから、そこには本当に感謝しますよ。だから馬主さんのために、1つでも多く勝てたらと思ってがんばっていますけど、その結果というのは本当に、馬とスタッフががんばってくれているからで、僕なんて何も。ただガミガミうるさいだけ(笑)。

おじゃ馬します!

仕事に関してはうるさいですよ

赤見 :先生はどういうことにうるさいんですか?

須貝 :仕事に関しては、逐一うるさいですよ。やっぱり馬主さんの財産を預かっていますし、一つの命を預かっているわけですからね。その仕事に対しては慎重に、厳しくやらせてもらっています。

赤見 :厩舎が順調に進んできているなというのは感じられますか?

須貝 :早い時期からいい競馬をさせてもらっていますけど、やっぱり物事というのは、それがずっと続くわけではないですから。多分これからは、本当に解決が難しい問題もどんどん出て来ると思いますので、その時のためにも日々勉強しなきゃなというのはあります。でも、本当にありがたいことに、こうして調教師として注目されるようになって・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

東奈緒美・赤見千尋

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。<br> <br> 赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す