netkeiba.com

ユーザー名

菜七子を預かった根本師の“ホースマンとしての意地”

2016年03月10日(木) 18:00



◆「オレはここで強い人を育てようと思う」

 公営・川崎、中央・中山の競馬場のみならず、テレビの情報番組までヒートアップする“時の人”藤田菜七子。「預かると決まった時は、こんな事態は想定しなかった」とは師匠・根本康広調教師の言葉だが、その心境はおそらく当人も同じだろう。今は応援とバッシングが紙一重の時代。静かに競馬に集中できない状況は、少々かわいそうな気もしている。

 もっとも、その境遇を最大限に理解する一人が武豊かもしれない。6日、中山での菜七子の単独会見では飛び入り参加で助け舟。軽妙なトークで周囲の雰囲気をなごませた。デビュー時から天才と評され、以降30年“競馬の広報役”を務めたからこそ分かる、注目という名の重圧。それを「こうしてサラッと流せ」と言わんばかりの機転の利いたパフォーマンスに、当方は武豊のすごみを改めて感じた次第だ。

 ただ、そんな菜七子にとって最大の幸運は、所属キュウ舎が根本キュウ舎だったことではないか。数年前に同師がしみじみと当方に語ったことがある。

「今のご時世、美浦で強い馬を育てるにはかなり状況に恵まれないと難しい。ただ・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

東京スポーツ

2010年に創刊50周年を迎えた夕刊紙。競馬確定面「競馬トウスポ」(大阪スポーツは「競馬大スポ」、中京スポーツは「競馬中京スポ」)は便利な抜き取り16ページで、中身は東スポグループだからこその超充実ぶり。開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載しています。<br /> <br /> 関東・舘林勲、大阪・松浪大樹の本紙予想のほか、記者による好評コラム(「一撃・山河浩、馬匠・渡辺薫など)、そして井崎脩五郎、爆笑問題の田中裕二、IK血統研など超豪華執筆陣の記事も読みごたえたっぷり。馬券作戦に役立つ情報が満載です。<br /> <br /> 関連サイト:<a href="http://www.tokyo-sports.co.jp/keiba/" target="_blank">競馬トウスポWeb</a>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す