netkeiba.com

ユーザー名

敵は去年の自分自身!木幡巧也2年目の誓い

2017年01月10日(火) 18:00

木幡巧也騎手1

1年目で45勝を挙げた関東のホープ・木幡巧也騎手にインタビュー (C)netkeiba.com



感謝の気持ちを忘れずに

赤見:デビュー年は大活躍でしたね!

木幡:本当に恵まれました。師匠の牧先生、スタッフの皆さんのバックアップのお蔭です。デビュー週も8頭乗せてもらったんですけど、その中で牧厩舎が7頭ですからね。かなりバックアップしてもらいました。初勝利も自厩舎で勝たせてもらって、本当に牧先生がいての僕なので、このまま初心を忘れずいきたいです。

赤見:1年目で45勝は素晴らしい数字です。いい波に乗れました?

木幡:いい波に乗って、勢いがついたと思います。3キロの減量もあったし、牧先生が僕に求めるものはとにかく前に行くことだったので、その通りに乗って、結果を出すことができました。弟子にしてくれる先生は、今じゃあんまりいないって聞きますけど、その中で僕を弟子にしてくれて、本当に感謝しています。馬主さんのご理解があってこそだし、牧先生が馬主さんに頭下げて乗せてもらっているので、感謝の気持ちでいっぱいです。

木幡巧也騎手2

「牧先生に感謝の気持ちでいっぱいです」と語る木幡騎手。左は牧調教師 (C)netkeiba.com


赤見:お兄さんの初也騎手とワンツーする場面が何度もありましたけれども。

木幡:そうですね。普段は・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

常石勝義&赤見千尋

常石勝義<br /> 1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。<br /> <br /> 赤見千尋<br /> 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミックシリーズ」の「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す