netkeiba.com

ユーザー名

【ユーイチの眼】弥生賞回顧『皐月賞まで1か月 調教でカデナとの関係強化を』

2017年03月14日(火) 18:01

祐言実行

▲カデナで勝利した弥生賞を回顧。レース内容、皐月賞に向けての課題とは


キレ味を磨くため、早めに動くわけにはいかなかった


 復帰週となった3月1週目は、病み上がりにもかかわらず土日で13鞍の騎乗依頼をいただき、日曜のメイン・弥生賞で勝利を挙げることができた。幸い、ケガをした左肘が痛むこともなく、自分としても一安心。改めて、ベストな治療を施してくれた医療チーム、そして食事面から最適なアプローチしてくれた妻に対し、感謝の気持ちが募った。

 さて、百日草特別からコンビを組んでいるカデナだが、追い切りに騎乗したのは今回の弥生賞が初めて。追い切りでの感触としては、正直、体のキレに多少物足りなさを感じたが、中竹調教師いわく「先を見据えた作り」とのことで、ある意味、狙い通りの仕上がりといえた。

「強く追ったのも実質1本だけだし、一度使ってからだろうな」。そんな思いでレースを当日を迎えたが、パドックで目にしたカデナは太目感のないスッキリとした体つき(前走から増減なし)で、返し馬の動きも実に素軽く、「これは思った以上に動けるかもしれない」と期待が高まった。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

関連情報

関連カテゴリ

福永祐一

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す