netkeiba.com

ユーザー名

【JRA通算500勝】柴山雄一騎手(2)『念願のJRAジョッキーに“ここにはいろんな夢がある”』

2017年03月20日(月) 12:00

おじゃ馬します!

地方競馬教養センター時代からの旧知の仲、柴山騎手と赤見さんのスペシャル対談


JRAの競馬学校を3度不合格。笠松競馬からデビューし念願のジョッキーとなったわけですが、安藤勝己元騎手が先駆者となり、地方からJRAへの移籍の流れが生まれるという好機が到来。再度、JRAを目指すことを決意します。しかし、笠松の人たちからは「絶対に受からない!」と言われ続けたと言います。自分を信じたチャレンジの軌跡をたどります。(取材:赤見千尋)


(前回のつづき)

安藤勝己さんに移籍の相談


赤見 柴山さんは、JRAの試験に一発で合格されたんですよね。正直、ビックリしたんですが……柴山さん、勉強得意でしたっけ(笑)?

柴山 まったく(笑)。地方競馬の免許更新試験もいつもあんまりできなくて、10年くらいずっと受け続けてた(高得点を取れば3年で筆記試験は免除)。確か地方ではそういうやつのことを“10年戦士”とか言ってたよね。

赤見 何を隠そう、この私も10年戦士です!

柴山 あ、同じだ(笑)。そんな俺がJRAを受けるなんて言い出したものだから、最初は笠松の人たちもビックリ。みんなから「絶対に受からない!」って断言されたよ。でも、(安藤)勝己さんに相談したら、「何度でも受ければいいんだ」って言われてね。

おじゃ馬します!

地方からJRAへの移籍の流れを作った安藤勝己元騎手 (C)netkeiba


赤見 そうだったんですね。相当勉強されたんでしょうね。

柴山 うん、めっちゃ勉強した。名古屋には乗りに行かず、笠松だけ乗って、毎日最低6時間はやってたね。とにかく過去問題を必死に暗記したよ。実際、試験はものすごく手応えがあってね。みんなに「どうだった?」って聞かれたときも「俺、全部書けちゃって。やっべぇ、これ受かっちゃうかも」って答えたんだけど、なぜかものすごく笑われた覚えがある(笑)。その時点でも、誰も俺が受かるなんて思っていなかったんだろうね。

赤見 じゃあ合格の知らせを受けたときも、自信があったぶん、あまり驚かなかった?

柴山 いや、さすがに「ウソでしょ」って思った。周りなんて俺以上にビックリしていて、それはもう「考えられん!」みたいな(笑)。すぐに飯干先生と勝己さんに報告に行ったよ。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 2 / 4

関連情報

関連カテゴリ

東奈緒美・赤見千尋

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。<br> <br> 赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す