netkeiba.com

ユーザー名

オルフェーヴル×豪州血統の芝中距離タイプ、アラウン

2017年04月05日(水) 12:00

≪2歳≫

アラウン(牡 栗東・森秀行 父オルフェーヴル、母アリアプーラ)
 芝短距離路線でオープンクラスまで出世したフギン(父Street Sense)の半弟。母アリアプーラはオーストラリア産馬。その父Flying SpurはEncosta de Lagoの叔父でゴールデンスリッパーS(豪G1・芝1200m)の覇者。父オルフェーヴルはドリームジャーニー(09年有馬記念などGIを3勝)の全弟で、現役時代に三冠、有馬記念(GI)[2回]、宝塚記念(GI)などを制覇したほか、フランスに遠征して凱旋門賞(仏G1)で二度2着となった。現2歳世代が初年度産駒となる。2代父ステイゴールドは母方にデインヒルを持つ配合からフェノーメノ、ナカヤマフェスタという大物を出したので、オルフェーヴル×デインヒル系のFlying Spur、という本馬はおもしろい。芝向きの中距離タイプ。

デルマテキーラ(牡 美浦・田中剛 父ブラックタイド、母ティルトウイング)
 父ブラックタイドは名馬キタサンブラックを出したことで、ディープインパクトの全兄というオマケ的な存在ではなくサンデーサイレンス系の重要な一分枝となった感がある。しなやかな瞬発力を武器とする弟に比べてパワー寄りに出ており、本質的には持続力タイプ。連対率ベースでみると芝よりも・・・

続きはベーシックコース
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す