netkeiba.com

ユーザー名

【中山GJへ】平沢健治騎手(1)『打倒オジュウ!自信を持ってタイセイドリームの競馬を』

2017年04月10日(月) 12:01

おじゃ馬します!

▲美浦から栗東へ移籍し、活躍の幅を広げている平沢健治騎手


今週からのゲストは障害レースで活躍中の平沢健治騎手です。今週末は、春の障害GI・中山グランドジャンプ。いまの障害界で圧倒的な強さを誇るオジュウチョウサンの存在が大きく立ちはだかっていますが、虎視眈眈と勝機をうかがっているタイセイドリーム×平沢騎手のコンビは要注目。その手応えやいかに!? (取材:東奈緒美)


石神は巧い、だからなおさら負けたくない!


 今週はいよいよ中山グランドジャンプですね。まずはパートナーであるタイセイドリームについていろいろと伺っていきたいのですが、前走の阪神スプリングJは、昨年度の最優秀障害馬オジュウチョウサンの3着。昨秋の東京ハイジャンプと同じ結果となりましたね。

平沢 タイセイも頑張ってはくれたんですけど、やっぱりオジュウは強かったですね。ただ、前哨戦ですし、放牧明けでもあったので、あれがタイセイのMAXではありません。一度使ったことで、次はもっと良くなってくると思います。

 ひと叩き効果が期待できそうですね。タイセイドリームとのコンビは前走で6戦目でしたが、どういうタイプの馬ですか?

平沢 跳びも上手いし、癖がなくて乗りやすい馬です。レース中も、無駄にハミを噛んだり、逆にハミが外れるようなこともないので、余計な心配をする必要がないというか。気性的にもおとなしい馬です。

 優等生ですね。ウィークポイントはまったくないんですか?・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 1 / 4

関連情報

関連カテゴリ

東奈緒美・赤見千尋

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。<br> <br> 赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す