netkeiba.com

ユーザー名

たまたまでもフロックでもない見事な優勝/桜花賞

2017年04月10日(月) 18:00



◆自信をもって正攻法のレースを展開した池添謙一騎手

 断然の支持を受けたソウルスターリング(父フランケル)が、同馬とすれば凡走にも近い3着に沈み、逆転勝ちしたのは8番人気の伏兵レーヌミノル(父ダイワメジャー)だった。

 レーヌミノルはここまで6戦【2-2-1-1】。大敗したことは一度もないが、阪神JFでソウルスターリングに0秒5負け(3着)、クイーンCではアドマイヤミヤビに0秒5遅れをとり(4着)、直前のFレビューではカラクレナイに0秒1差の(2着)だった。

 軽視はできない伏兵の1頭であっても、距離1600mはこれまで【0-0-1-1】。桜花賞には良績のない小倉2歳S1200mの勝ち馬であり、次々と台頭するライバルにポイントになる重賞で負けていたから、成長力と、距離適性で一歩ゆずるように考えられた。勝ち切れない馬に思われた。

 稍重馬場で勝ちタイムが1分34秒5にとどまったこと。5番人気以内の有力馬が、順に「3着、12着、2着、16着、11着」と大きく崩れてくれたことなど、相手の凡走に恵まれた一面はあるにせよ、クラシックのサバイバル路線から決して脱落することなく、ここまで候補の1頭として戦いつづけてきたのは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す