netkeiba.com

ユーザー名

闘志の塊のような人馬だったアルアインと松山弘平騎手/皐月賞

2017年04月17日(月) 18:00



◆ただ、皐月賞レコード激走は反動を生じやすい

 皐月賞レコードの「1分57秒8(コースレコードとタイ記録)」となった高速レースが展開された中、アルアイン(父ディープインパクト)の無類の勝負強さが爆発した一戦だった。

 3コーナー過ぎから各馬が次々とスパートしハロンラップが11秒4に加速されると、4コーナー手前でもっとも手応えが怪しくなり、失速して下がりかけたように映ったのがアルアイン(松山弘平騎手)だった。もうコースを選ぶ余裕などなく、懸命に先の馬に追いすがると、道中はずっと同じ位置にいたファンディーナの内にぽっかりスペースができていた。

 あとはもう懸命に追いまくるだけ。最後は手前を変える余力もなく、ゴール寸前は外に大きく斜行しながら(他馬に影響は与えていないから大丈夫)、それでも抜け出してみせた。闘志の塊のような人馬だった。

 3月の毎日杯1800mを1分46秒5。08年のディープスカイ(日本ダービー馬)の1分46秒0・・・

続きはベーシックコース
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す