netkeiba.com

ユーザー名

ステッキ1本で全国巡る!金沢・吉原寛人の情熱

2017年04月18日(火) 18:00

吉原騎手

ステッキ1本で全国を巡る、金沢の吉原寛人騎手(撮影:小堺翔太)




吉原騎手「もっと自分を変えていかないといけない」


赤見:まずはリンダリンダのお話からお聞きしたいんですが、マリーンCは3着、ここまで3戦連続でダートグレードで馬券に絡む活躍をしてますね。

吉原:マリーンCはもったいなかったです。1,2コーナーで切り返した時に折り合いを少し欠いて…、前半のその分ですね。最近はスタートも良くて、自分のペースで行けたら最後まで渋太く脚も使ってくれるし、これといって嫌な癖もない馬です。僕が乗せてもらったタイミングで具合も良くなったみたいで、一皮むけましたよね。ダートグレードでも勝ち負けが意識できる馬なので、どこかで勝ちたいなと思っています。

赤見:適距離適コースというのはどうですか?

吉原:ずっとマイルの方がいいって言われていましたけど、牝馬路線はマイルにこだわるわけにもいかないので長いとこも使って、距離が延びてもいい感じで脚を使ってくれました。大井の外回りも上手にこなしてくれましたし。馬場とかコースを気にする馬じゃないんで、どこかのタイミングで全部まとめてやっつけたいですね。

リンダリンダ

リンダリンダは「ダートグレードでも勝ち負けが意識できる馬」(撮影:高橋正和、(C)netkeiba)


赤見:本当にいい馬にいっぱい乗ってるので、どの馬の話を聞こうか迷いますけれども。

吉原:ね。いい馬ばっかり乗せてもらってると思います。僕は金沢所属ですけど・・・

続きはベーシックコース
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

常石勝義&赤見千尋

常石勝義<br /> 1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。<br /> <br /> 赤見千尋<br /> 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミックシリーズ」の「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す