netkeiba.com

ユーザー名

人気馬からのヒモ荒れが今年も起こる!/フローラS

2017年04月19日(水) 18:00


■フローラS(G2・東京芝2000m)フルゲート18頭/登録22頭


【特注データ】〜レースデータより〜



 フローラSでまずチェックしたいのが、前走で出走していたレースの「距離」である。じつは、フローラSで好走した馬のほとんどが、前走で芝1800m以上戦に出走。対照的に、前走で芝1600m以下戦に出走していた馬はトータル[1-1-2-41]で連対率4.4%、複勝率8.9%と絶不調なのだ。この組で好走しているのは、当日に4番人気以内に推された馬のみ。それ以外はすべて4着以下に終わっている。アロンザモナやキャナルストリート、ラユロットの3頭は、この時点でかなり厳しい。

 そして今度は、好調な前走芝1800m以上戦出走組に限定したデータ。前走で1番人気に推されていた馬は非常に強く、トータル[6-2-2-12]で連対率36.4%、複勝率45.5%をマークしている。この条件をクリアする登録馬は、アンネリース、ブラックスビーチ、ホウオウパフュームの3頭だけだ。

 また、枠番も重要なファクター。内枠である馬番1〜6番を引き当てた馬は[4-5-5-28]で複勝率33.3%、複勝回収率257%と、中や外に入った馬に比べて期待値が飛び抜けて高い。東京芝2000mが内枠有利であるのは周知の事実だが、その影響はフローラSにおいても、やはり大きいようである。「馬番1〜6番に入った前走芝1800m以上戦出走組」は、人気薄でも必ず押さえておきたい。

【コース総論】東京芝2000m Aコース使用

・コースの要所!

★1番人気の勝率が非常に高いコース。ただし、ヒモはかなり紛れる。
★枠番の内外で信頼度に差があまり出ていないが、やはり外枠は割引!
★東京芝らしく中団からの差し優勢。最速上がり馬の好成績も目立つ。





 1コーナー奥のポケットから発走し、直後に急カーブが待ち受ける特殊な形態である、東京芝2000m。もう、コース図を見るだけで誰でも「外が不利」と想像がつく、かなりトリッキーなコースである。多頭数で行われたレースが少ないので、今回は2012年までを集計対象に。それでも、フルゲート18頭で行われたのは、たったの21レースだ。

 いかにも紛れがありそうなコース形態だが、人気馬の強さはかなりのもの。素晴らしい成績を残しているのが・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

ジャパンC応援 14日間無料でお試し!

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

小林誠

競馬業界よろず請負人。1974年三重県生まれ。これまで裏方的な仕事に数多く関わってきたが、さすがに限界を感じて、最近は表舞台への進出を画策中。ライターとして『サラブレ』『UMAJIN』などに寄稿するほか、須田鷹雄監修の『POGの達人』には編集デスクとして参加。2005年に前半3ハロンタイムに特化した予想メソッドを発表し、それを用いた予想をnetkeibaにて公開している。コーヒー党、無類の猫好き。<div align="right">⇒<a href="http://yoso.netkeiba.com/no1/?pid=profile&yid=655184" target="_blank">No.1予想</a>にて関西全レース予想提供中!</div>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す