netkeiba.com

ユーザー名

平沢健治騎手(3)『ジョッキーは自営業 東西間でもっとワチャワチャすればいい』

2017年04月24日(月) 12:01

おじゃ馬します!

▲平地の免許を返上、美浦から栗東への変更…その節目節目で何を思ったのか (C)netkeiba


平地の免許を返上して障害一本に、美浦から栗東への所属変更…騎手としてふたつの決断をした平沢騎手。その時その時のタイミングで何を思い、どんな覚悟があったのでしょうか。「性格的にも関西は合っている」と語った平沢騎手。性格の話から、知られざる素顔が見えてきました。穏やかな外見とは違って、意外と短気!?(取材:東奈緒美)


(前回のつづき)

40歳45歳といった節目で、引退を真剣に考えるときが


 2011年に平地の免許を返上されましたが、何かきっかけがあったのですか?

平沢 とくにこれといったきっかけはなかったのですが、そのときすでに障害しか乗っていませんでしたし、ジョッキーとしての興味もほぼ障害に移っていたので、自然な流れだったと思います。

 平沢さんに限らず、平地の免許を返上されるというのは、ジョッキーとして覚悟のようなものを感じます。

平沢 いや、覚悟というほどのものは…(苦笑)。ほかの人はどう考えているかわかりませんが、僕でいえば、学もなければすごく逞しい体をしているわけではない。特技といえば、馬に乗ることくらいです。だから、辞めたところで、サラリーマンはちょっと厳しいと思いますし、肉体労働だって体格的に難しい。覚悟というより、ほかにやりたいこともなければ、実際にやれることも少ないですからね。

 減量が取れるとき、障害に乗ってみるか、引退するか考えたとおっしゃっていましたが、それ以降もジョッキーを辞めようと思ったことがあるんですか?

おじゃ馬します!

▲「減量が取れるとき以降も、ジョッキーを辞めようと思ったことがあるんですか?」


平沢 それはありますよ。今でも、あまり年を取ってまで障害ジョッキーは続けられないだろうなぁと思っています。

 そうなんですね。林さん(50歳)や熊沢さん(49歳)など、現役で頑張ってらっしゃる方もいますが。

平沢 すごいですよね。でも、僕自身は、林さんや熊沢さんの年齢まで続けられないと思います。年齢を重ねるごとに、絶対にバランスが悪くなってきますからね。そうすると、馬の動きについていけずに、たぶんポロッと落ちるようになると思うんです。バランスという意味では、平地より障害のほうが大事だと思うので。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 3 / 4

関連情報

関連カテゴリ

東奈緒美・赤見千尋

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。<br> <br> 赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す