netkeiba.com

ユーザー名

仕上がりの良さは他を圧するものがあったアエロリット/NHKマイルC

2017年05月08日(月) 18:00



◆もともとこの時期のマイル戦で、牝馬と牡馬のトップクラスに力量の差は少ない

 混戦がささやかれ大きく人気が割れた中、勝ったのは高い支持を受けた人気の牝馬アエロリット(父クロフネ)だった。今年、このメンバーでは牝馬のほうがレベルは高いと評価され、1番人気のカラクレナイ(父ローエングリン)こそ凡走したものの、18頭中4頭の牝馬が「1着、2着、7着、17着」したから、牝馬上位はその通りだったことになる。

 牝馬の「1着、2着」独占は、2番人気のラインクラフト(桜花賞馬)が勝ち、桜花賞3着のデアリングハート(10番人気)が2着した2005年につづき2度目。2005年といえば、ディープインパクトが無敗で3冠馬に輝いた年であり、ディープインパクト以外の男馬は必ずしもレベルは高くないとされていた経緯もある。もっとも、もともとこの時期のマイル戦で、牝馬のトップクラスと、マイルを目指すことになった牡馬のトップクラスに力量の差は少ない。

 圧倒的な外国産馬旋風が去ってからのここ10年ちょっとに限れば、その05年のラインクラフトを筆頭に、07年ピンクカメオ、昨2016年のメジャーエンブレム、そして今年のアエロリット。

 半数に近い4頭もの勝ち馬が「牝馬」だから・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す