netkeiba.com

ユーザー名

リオンディーズの全妹、エピファネイアの半妹にあたるシーリア

2017年08月02日(水) 12:00

サラキア(牝 栗東・池添学 父ディープインパクト、母サロミナ)
 エルフィンS(OP)を勝ったサロニカの全妹。母サロミナはドイツオークス(G1・芝2200m)の勝ち馬で、その半妹サンタフェチーフは現在準OPに在籍中。サロミナ&サンタフェチーフ姉妹の母Saldentigerinは独3歳牝馬チャンピオンという筋の通ったファミリーに属している。純ヨーロッパ血統でありながら日本の高速馬場に適応しているところは非凡だ。母サロミナの「Lomitas+デインヒル」という配合はDanedream(凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSなどG1を5勝)と似ている。そして、Danzigを経由したNorthern Dancerクロスを持っているので父ディープインパクトの成功パターンに当てはまる。本質的には古馬になってから本格化する晩成タイプで、距離も2000m以上がベストだが、全姉サロニカがエルフィンSを勝ったように意外に仕上がりの早さがある。姉よりも切れる脚が使えれば大物。

シーリア(牝 栗東・角居勝彦 父キングカメハメハ、母シーザリオ)
 母シーザリオは現役時代6戦5勝(2着1回)。オークス(GI)を勝ち、米遠征してアメリカンオークス(G1)を楽勝した名牝。しかし、繋靭帯炎を患ったため、米遠征から帰国後は一度も出走することなく引退。同じスペシャルウィーク産駒のブエナビスタと比べても見劣らないほどの・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す