netkeiba.com

ユーザー名

ドイツの名門牝系から誕生したシュナイデン

2017年08月09日(水) 12:00

シュナイデン(牡 栗東・石坂正 父ステイゴールド、母サルヴェジェルマニア)
 母サルヴェジェルマニアは生産国のドイツでデビューし、芝2200mのG3で3着となったあとアメリカへ移籍。ボールストンスパH(米G2・芝8.5f)を制した。このときは道悪で、勝ち時計が速くなかったことも幸いしたのだろう。2代母Salve Reginaは独オークス(G1)の勝ち馬。その全兄弟のSamumとSchiaparelliは兄弟で独ダービー(G1)を制したほか、2頭合わせてG1を7勝し、前者は引退したあとドイツでリーディングサイアーとなった。活躍馬が目白押しの活気あるファミリーに属している。半兄サレンティーナ(父キングカメハメハ)は現3歳で2勝を挙げており、いずれOPクラスまで出世するのではないかとの期待を抱かせる。本馬と同じ「ステイゴールド×パントレセレブル」の組み合わせからは函館記念(GIII)4着馬アングライフェンが出ている。おそらく本馬も芝中距離でしぶとく活躍するタイプだろう。道悪は上手で、成長力があるので古馬になってからが楽しみな馬だ。

ハーツフェルト(牝 栗東・角居勝彦 父ハーツクライ、母マチカネタマカズラ)
 寒竹賞(500万下・芝2000m)を楽勝し、フローラS(GII)で1番人気に推された(8着)ホウオウパフュームの全妹。母マチカネタマカズラは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す