netkeiba.com

ユーザー名

キンカメとダートの名牝系から誕生したグレートタイム

2017年08月30日(水) 12:00

クリストフォリ(牝 栗東・安田隆行 父ヘニーヒューズ、母フォルテピアノ)
 芝向きのクラフティワイフ牝系ながら、2代母キョウエイフォルテ、母フォルテピアノはいずれもダートで活躍した。競走年齢に達した兄姉4頭はすべて勝ち上がっており、1つ上の半姉パルティトゥーラ(父マンハッタンカフェ)は現在4戦2勝なので先々が楽しみだ。本馬の父ヘニーヒューズは馬力型のスピードを伝えるStorm Cat系の種牡馬。その母Meadow Flyerが持つEight Thirty≒War Relic 4×5を強化することが配合上の大きなポイントで、アメリカにおける代表産駒Beholderや日本でGIを勝ったアジアエクスプレス、モーニンもこのパターンに当てはまる。Eight Thirtyを母の父に持つHold Your Peaceのクロス(4×4)は有益だろう。それに加えてWar Relic 3×3のIn Realityが母方に入るのも好感が持てる。2歳戦はスピードに任せて芝でも活躍できるかもしれないが、ゆくゆくはダート向きのスプリンター〜マイラーに落ち着くだろう。

グレートタイム(牡 栗東・藤原英昭 父キングカメハメハ、母ミラクルレジェンド)
 2代母パーソナルレジェンドはターンバックジアラームH(米G3・ダ9f)の勝ち馬。繁殖牝馬として大成功し、本馬の母ミラクルレジェンド(父フジキセキ)はエンプレス杯(JpnII)をはじめ多くの重賞を勝って牝馬ダート路線の女王として・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す