netkeiba.com

ユーザー名

菊花賞をレコード勝ちした兄を持つニックス配合馬トーホウアルテミス

2017年09月27日(水) 12:00

エールグリーツ(牝 栗東・角居勝彦 父ディープインパクト、母アーヴェイ)
 母アーヴェイは英米日で15戦5勝、フラワーボウル招待S(米G1・芝10f)とラヴァラック&ランウェイズフィリーズS(英G3・芝9f)を勝った。前者にはアメリカ遠征中のレッドディザイアも出走しており、アタマ、3/4馬身差の3着となっている。「Danehill Dancer×In the Wings」という組み合わせで、欧州二大血統のデインヒルとSadler's Wellsを併せ持っている。このパターンのディープインパクト産駒は日本ではさほど走っていないが、アイルランドの現2歳世代でトップクラスを形成するSaxon Warrior(17年ベレスフォードS-愛G2)、September(17年モイグレアスタッドS-愛G1・3着)の2頭は、いずれもデインヒルとSadler's Wellsを抱えたディープインパクト産駒。全兄アンバーグリスキーはすみれS(OP)4着などの成績がある。牝馬に替わった本馬は軽さが増す可能性があるので、ベストは洋芝だとしても野芝にも対応できるのではないか。

トーホウアルテミス(牝 栗東・谷潔 父ハーツクライ、母トーホウガイア)
 菊花賞(GI)をレコード勝ちしたトーホウジャッカル(父スペシャルウィーク)、CBC賞(GIII)を勝ったトーホウアマポーラ(父フジキセキ)の4分の3妹。母の父Unbridled's Songは現役時代にブリーダーズCジュヴェナイル(米G1)とフロリダダービー(米G1)を勝ち・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す