netkeiba.com

ユーザー名

重賞ウィナーを母に持つロードカナロア産駒の好配合馬クルークヴァール

2017年10月04日(水) 12:00

イシュトヴァーン(牡 栗東・石坂正 父ルーラーシップ、母ドナウブルー)
 母ドナウブルーは京都牝馬S(GIII)、関屋記念(GIII)の勝ち馬で、ヴィクトリアマイル(GI)2着、マイルチャンピオンシップ(GI)3着などGIでも上位争いをする優れたマイラーだった。その全妹に年度代表馬に二度選出され、顕彰馬にもなったジェンティルドンナ(12、13年ジャパンC-GI、14年ドバイシーマクラシック-G1、14年有馬記念-GI、牝馬三冠)がいる。「ルーラーシップ×ディープインパクト」は出走7頭中5頭が勝ち上がり、出世頭のキセキは神戸新聞杯(GII)2着、毎日杯(GIII)3着などの成績を挙げている。ルーラーシップ産駒は大柄でやや鋭さに欠けるところがあるので、小柄で鋭い切れ味を武器とするディープインパクトの血は合うのだろう。ニックスといえる関係だ。本馬は540〜550kg台の巨漢で、430kg台で競馬をすることが多かった母ドナウブルーにはまったく似ていない。身体を大きく出す父の影響を強く受けたことが走りにどう出るか。鋭さを保っているようなら大物コースだろう。

ヴェルテアシャフト(牡 栗東・池江泰寿 父ディープインパクト、母ヒルダズパッション)
 ジークカイザー(3勝)の全弟、Yoshida(父ハーツクライ/ナショナルミュージアムオブレーシングホールオブフェイムS-米G2・2着、サラナックS・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す