netkeiba.com

ユーザー名

ダノンプラチナと8分の7同血のルナステラ

2017年10月11日(水) 12:00

アルマーズ(牝 栗東・藤岡健一 父エンパイアメーカー、母バルドウィナ)
 桜花賞馬ジュエラー、ワンカラット(09年フィリーズレビュー-GIIなど短距離重賞を4勝)の半妹。母バルドウィナはペネロピ賞(仏G3・芝2100m)の勝ち馬で、Northern DancerはもちろんNasrullahさえ持たない純ヨーロッパ風のアウトサイダー血統。それでいて産駒に重さが感じられないのは素晴らしい。父エンパイアメーカーは現役時代、ベルモントS(米G1・ダ12f)などG1を3勝した名馬で、種牡馬としても大成功。12年の米サイアーランキングで2位となった。日本で供用されて誕生した産駒はやはりダート向きが多いものの、重賞で掲示板に入った回数は芝8回、ダート1回。トップクラスは案外芝向きの傾向を示している。本馬はサンデーサイレンスを持っていないものの、母方は芝適性が高いので、芝向きに出てくる可能性もあるだろう。距離はマイル前後が良さそうだ。

サンラモンバレー(牡 栗東・池江泰寿 父ロードカナロア、母モンローブロンド)
 母モンローブロンドは、ランフォルセ(重賞4勝)、ノーザンリバー(重賞5勝)、ノットアローン(08年ラジオNIKKEI賞-GIII・2着)、アコースティクス(ダービー馬ロジユニヴァースの母)を兄弟に持つ良血で、現役時代にファンタジーS(GIII)2着という・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す