netkeiba.com

ユーザー名

前哨戦が終わり2歳GIの全体像がうっすらと見えてきた(津田照之)

2017年11月07日(火) 18:00



◆牝馬路線は「実力のある1勝馬」が勝つ年になるのではないか!?

 前哨戦となる京王杯2歳S、ファンタジーSが終わったことにより、暮れの2歳GI、朝日杯フューチュリティS、阪神ジュベナイルフィリーズの全体像がうっすらと見えてきた。

 今年は年末に行われるホープフルSがGIの格付けになったことにより、いわゆる「牡馬の中距離タイプ」はそちらへの参戦が予想されるが、コースそのものは強さより器用さが求められる中山の2000m。それなら、阪神の外回り1600mの方がより地力勝負になりやすく、むしろタフな競馬になりそうなムード。

 加えて、開催日が暮れも押し迫った12月28日。中山開催のオーラスなので、馬場の傷み具合も気になるところ。例年、将来性のある馬が・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す