netkeiba.com

ユーザー名

マイルCSを優勝したM.デムーロ騎手&ジャパンCに臨む武豊騎手に直撃!

2017年11月21日(火) 18:00

キタサンブラック

ジャパンカップ連覇に臨むキタサンブラック




武豊騎手「完璧な状態で騎乗できるようにしておきます」


 先週のマイルチャンピオンシップ、本命はエアスピネルと決めて京都競馬場へ出かけましたが寒かったですね。しかしその寒さをぶっ飛ばしてくれたのがM.デムーロ騎手。

 エアスピネルは昨年までは、1600mから3000mまでと幅広い距離を走っていましたが、今年は、札幌記念以外はマイル戦を走りいい結果を出し順調に仕上がってきたのでここが勝負!強いエアスピネルが見られる! と1点勝負。

 ゴール前、イヤー!! ミルコが飛んできた! ミルコ騎手か? ムーア騎手か? …と接戦でしたが、勝ったのはペルシアンナイト。勝利を確信していたエアスピネルは鼻差20cmに悔しさを飲み込みました。待望のGI初制覇を狙って取材をしてきたのでとっても残念です。

 大外枠、最後方から徐々に内に潜り込み距離ロスを少なくする。これがミルコマジックなんですよね。1600mだから距離ロスは確かに避けたいでしょう。とっても勇気のいる手綱さばきだと思いました。ミルコの年間GI6勝は凄い記録ですね。他には確か豊騎手と安藤勝己騎手、池添騎手、岩田騎手だけだったような記憶が…?

 ペルシアンナイト号も振り返れば皐月賞2着馬ですから強い脚を持っていますよね。池江厩舎の完勝に乾杯!おめでとうございます。

***

 レース後、M.デムーロ騎手に直撃インタビューお願いしました。

常石 今日は、どんなイメージでレースに臨みましたか?

ミルコ スタートも良かったしいい手応えで走ってくれました。大外枠だったから少し不安はありましたが上手く内へ入ることができ、ここからが勝負だと思いました。

 初めてこの馬に乗ったときからずっといい動きをすると思ってました。すごく速い脚をもってるからきっとGIを取れる馬だと思ってました。3歳でとることができてよかったです。嬉しいです。とってもありがたいです。まだまだ成長しているのでこれからが楽しみです。

キタサンブラック

「初めてこの馬に乗ったときからずっといい動きをすると思ってました」


 今日は、イタリアから両親が応援に来てくれて、その前で勝つことができて嬉しかったです。お父さんお母さんの応援の力もありました!

常石 ご両親の前での勝利は、大きいですよね。目を細めて笑うミルコの顔が印象的でした。

 次は池江調教師のコメントです。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

常石勝義

常石勝義<br /> 1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。<br />

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す