netkeiba.com

ユーザー名

オークス馬ダイワエルシエーロの息子カーサデルシエロ

2017年11月22日(水) 12:00

●アンジェロッティ(牡 栗東・須貝尚介 父キングカメハメハ、母シュプリームギフト)
 母シュプリームギフトはディープインパクト産駒ながら芝短距離で活躍し、函館スプリントS(GIII)2着、京阪杯(GIII)とキーンランドC(GIII)で3着という成績を残した。その兄弟にはベステゲシェンク(15年オーシャンS-GIII・3着)、ロワアブソリュー(16年アーリントンC-GIII・3着)などがいる。2代母スーヴェニアギフトはランダルースS(米G3・ダ6f)を勝ち、デルマーデビュターントS(米G1・ダ7f)2着。スピード色の強いファミリーだ。これにキングカメハメハを付けて誕生した本馬は、Kingmambo≒Souvenir Copy 2×3という組み合わせのクロスを持っている。母の父にディープインパクトを持つとはいえ、このクロスはパワフルなスピードを伝えるので、母に似たスピードタイプに出るのではないかと思われる。得意レンジは1200〜1600mで、場合によってはダートに適性を見せるかもしれない。

●カーサデルシエロ(牝 栗東・藤原英昭 父ロードカナロア、母ダイワエルシエーロ)
 下河辺牧場のオールフォーロンドン牝系は、ここ何年か鳴りを潜めてきたが、キセキ(17年菊花賞-GI)やグレーターロンドン(17年毎日王冠-GII・3着)の活躍でにわかに活況を帯びてきた。ファミリーの出世頭ともいえるダイワエルシエーロはオークス(GI)など4つの重賞を制した名牝。母としては、07年生まれの初子ダイワエルモーサ(父ブライアンズタイム/JRA3戦未勝利)以降、不受胎や流産が続き、子が出来ても出走できないなど、現時点で初子しか出走を果たしていない。本馬が年内にデビューすれば7年ぶりの産駒出走となる。父がキングカメハメハの息子、母の父がサンデー系、2代母がロンドンブリッジ、という配合はキセキと同じ。キセキの父はスタミナ色の強いルーラーシップで、本馬の父はスピード色の強いロードカナロアなので、配合構成は似ていても産駒のタイプはかなり異なる。芝向きのマイラーだろう。

●キタノコマンドール(牡 栗東・池江泰寿 父ディープインパクト、母ベネンシアドール)
 セレクトセール1歳で落札価格1億9000万円(税抜)。デニムアンドルビー(13年フローラS-GII、13年ローズS-GII、13年ジャパンC-GI・2着、15年宝塚記念-GI・2着)の全弟にあたる良血。本馬はトゥザヴィクトリー(01年エリザベス女王杯-GIなど重賞4勝)などを出したフェアリードール牝系に属しており・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す