netkeiba.com

ユーザー名

ロンドンブリッジ産駒の新たな重賞勝ち馬となるかロンドンシーズン

2017年11月29日(水) 12:00

●キングアンドアイ(牡 栗東・西村真幸 父キングカメハメハ、母ダンスファンタジア)

 母ダンスファンタジアはフェアリーS(GIII)の勝ち馬で、2代母ダンスインザムードは桜花賞(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)を勝ったほか、天皇賞・秋(GI)、マイルCS(GI)、アメリカンオークス(G1)で2着となった名牝。その全きょうだいにはダンスパートナー(95年オークス-GI、96年エリザベス女王杯-GI)、ダンスインザダーク(96年菊花賞-GI)がいる日本屈指の名牝系に属している。本馬は母の初子で、父はキングカメハメハ。「キンカメ×ファルブラヴ」はサンプルが少ないものの、JRAで出走した4頭中3頭が勝ち上がっている。Nureyev≒Fairy King 4×3はパワフルだが、スピードを支える重石となればおもしろく、この牝系がナチュラルに伝えるスピードをもってすればそれも可能だろう。芝・ダート兼用のマイラー。

●グレースジョワ(牝 美浦・石毛善彦 父カネヒキリ、母クールグレース)

 母クールグレースは現役時代未勝利に終わったものの、クーリンガー・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す