netkeiba.com

ユーザー名

ネーハイシーザー 功労馬としての第三の馬生

2017年12月25日(月) 18:00

第二のストーリー

▲2011年11月に現在暮らしている荒木牧場に移動したネーハイシーザー、提供、荒木牧場


「馬が馬を呼ぶ」セキテイリュウオーとの不思議な縁


 ネーハイシーザー、27歳。1994年の秋の天皇賞馬は今、北海道新ひだか町の荒木牧場で功労馬として第三の馬生を送っている。

 ネーハイシーザーが生まれたのは、1990年4月27日。父サクラトウコウ、母ネーハイテスコ、母父テスコボーイという血統で、浦河町の大道牧場の生産だ。父サクラトウコウは、1988年の日本ダービー馬サクラチヨノオーの全兄で、朝日杯3歳S勝ちのサクラホクトオーの半兄にあたる。自身は1983年の函館3歳S、1986年の七夕賞(GIII)を制している。母はサクラセダン。

 母父のテスコボーイは、息子のトウショウボーイとともに、種付け料のわりに産駒が高額で売れることから、馬産地の「お助けボーイ」と称されていた1970年代を代表する名種牡馬だ。皐月賞&菊花賞馬のキタノカチドキ、菊花賞馬のインターグシケン、皐月賞、有馬記念、宝塚記念等に優勝した天馬トウショウボーイ、サラ系の皐月賞馬ランドプリンス、桜花賞、オークスと牝馬2冠のテスコガビー、桜花賞馬のオヤマテスコ、ホースメンテスコ、秋の天皇賞馬サクラユタカオー、距離が3200mだった頃の秋の天皇賞馬ホクトボーイ、宝塚記念を勝ったハギノカムイオー、エリザベス女王杯勝ちのアグネステスコなど、テスコボーイ産駒の活躍馬は枚挙にいとまがない。母父としても優秀で、日本ダービー馬バンブーアトラス、アイネスフウジン、オークス馬のイソノルーブル、マイルCS、安田記念のトロットサンダー、エリザベス女王杯のエリモシック、スプリンターズSのダイタクヤマトら、数多くの名馬にその血を伝えている。

 ネーハイシーザーは、父母それぞれから長所を受け継ぎ、競走馬として花開いたといっても良いだろう。

 栗東の布施正厩舎の管理馬となったネーハイシーザーは、1992年12月に中京のダート1000mの新馬戦でデビューし、初陣を飾っている。年が明けて2月、4戦目のダート1400mで2勝目を挙げた。ここまではダート路線を進んでいたが、5戦目のすみれS(OP)で初めて芝のレースに挑戦し・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 1 / 2

関連情報

関連カテゴリ

佐々木祥恵

北海道旭川市出身。少女マンガ「ロリィの青春」で乗馬に憧れ、テンポイント骨折のニュースを偶然目にして競馬の世界に引き込まれる。大学卒業後、流転の末に1998年優駿エッセイ賞で次席に入賞。これを機にライター業に転身。以来スポーツ紙、競馬雑誌、クラブ法人会報誌等で執筆。netkeiba.comでは、美浦トレセンニュース等を担当。念願叶って以前から関心があった引退馬の余生について、当コラムで連載中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す