netkeiba.com

ユーザー名

浦和競馬場に来たら埼玉地鶏タマシャモを

2017年12月26日(火) 18:00

【年末年始の更新スケジュール】
 今年の更新は本日分で終了です。年始の2日は休載となり、9日が初回の更新となる予定です。


◆臨時店舗からファンの支持を得て常設店舗となった人気店!

 近ごろ、競馬場のグルメでつまらないなあと思うのが、キッチンカーものが多くなったこと。

 ただそれは仕方のないことでもある。中央も地方も、今や馬券の売上に占めるネットの割合が50%を大きく超えた。つまり昔のように競馬場には人は来ない。地方競馬には普段の日の入場人員が1000人前後なんていうところもめずらしくない。そのうち、何時間も競馬場で過ごすという人はそう多くはないはず。そんな状況の競馬場内で常設の飲食店を経営するというのはなかなかに難しい。よほどの常連さんがいて、しかも利益率の高いアルコール類をガンガン消費してくれるとかでもないかぎり、安定的な経営は望めない。そんな食堂のおじちゃんやおばちゃんは高齢化し、跡を継ぐ人もほとんどなく、体調を崩したところで残念ながら閉店となってしまうということも最近よく聞く話だ。

 そうした状況で、普段より多くのファンが来場する大レースや、年末・年始、連休などの特異日には、キッチンカーや特設のテントなどで飲食を提供するというのは当然の流れであろう。

 ただキッチンカーなどは、その土地ならではというものはあっても、その競馬場に行かないと食べられないというものではない。しかも、おいしい、めずらしい、と思っても、次回も競馬場に来てくれるかどうかはわからないので、競馬場グルメとして紹介することもできない。

 そんななかで、ごくまれにではあるものの、臨時の店舗がファンの支持を得て常設店舗となることもある。相変わらず前置きが長いコラムであるが、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

斎藤修

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す