netkeiba.com

ユーザー名

日本一遅い“ダービー”

2017年12月27日(水) 18:00

【年末年始の更新スケジュール】
 今年の更新は本日分で終了です。年始は3日が休載、10日が初回の更新となる予定です。


盛況したが「ダービー効果」ではなく「有馬記念効果」


 中山競馬場で有馬記念が行われてから4時間近く経った午後7時5分。帯広競馬場で3歳チャンピオンを決める「第46回ばんえいダービー」がスタートを切った。この時期の帯広は、いつもならば日没とともに気温が急降下して文字通り凍てつく極寒の気候になるが、今年は折からの低気圧接近によって、ひじょうに暖かく穏やかな夜を迎えていた。

 ばんえい競馬でもダービーは行なわれる。もちろん日本で最も遅い時期に開催されるダービーだ。1着賞金150万円。北海道知事賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞が副賞、そして帯広市から生産者賞が別途1着で40万円、2着20万円、3着10万円がそれぞれの生産者に交付される。

 人気は5番ナカゼンガキタ(西将太騎手)が牝馬ながら1番人気。続いて2番人気は8番メジロゴーリキ(長澤幸太騎手)、3番人気は10番ミノルシャープ(阿部武臣騎手)となっている。熱心なファンがエキサイトゾーンの前に並んで観戦する中、ゲートが開いて各馬が一斉に飛び出した。

2番人気、長澤幸太騎手のメジロゴーリキ

2番人気、長澤幸太騎手のメジロゴーリキ

 ほぼ横一線で難なく第1障害を越え、各馬が第2障害の前に次々に集まってきて並ぶ。息を整え、騎手の合図とともにまずナカゼンガキタとメジロゴーリキがほとんど同時に第2障害を上がって行く。しかし、頂上でナカゼンガキタがガクッと膝をついてしまい・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

田中哲実

岩手の怪物トウケイニセイの生産者。 「週刊Gallop」「日経新聞」などで 連載コラムを執筆中。1955年生まれ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す