netkeiba.com

グランシルクと4分の3同血のウィナーズブレイク

2018年03月07日(水) 12:00

≪3歳≫

●アイリッシュビート(牝 栗東・斉藤崇史 父ハーツクライ、母ヒラボクビジン)
 母ヒラボクビジンはダート中距離を得意とし、準OPの上位勢力として活躍した。「ハーツクライ×ブライアンズタイム」の組み合わせは、タイムフライヤー(17年ホープフルS-GI)、マジックタイム(16年ダービー卿CT-GIII)などが出ている。連対率25.7%、1走あたりの賞金額228万円は、ハーツクライ産駒全体の18.2%、193万円を上回っている。また、母方にMachiavellianを持つハーツクライ産駒も、わずかなサンプルからシュヴァルグラン(17年ジャパンC-GI、16年アルゼンチン共和国杯-GII、16年阪神大賞典-GII)、ロジクライ(16年シンザン記念-GIII)などが出ている。芝・ダート兼用の中距離タイプ。

●ウィナーズブレイク(牡 美浦・戸田博文 父ステイゴールド、母キュー)
 共同通信杯(GIII)を勝ったブレイクランアウト、東京スポーツ杯2歳S(GIII)で5着となったエネアドの半弟。母キューは芝12ハロンのロングアイランドH(米G2)の勝ち馬で、Mitterand≒Peroxide Princess 2×2という相似な・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す