netkeiba.com

ステルヴィオと13/16まで血統構成が同じベルクワイア

2018年04月11日(水) 12:00

≪2歳≫

●ヴィアロマーナ(牡 美浦・久保田貴士 父ロードカナロア、母ローマンエンプレス)
 母ローマンエンプレスは現役時代、重賞こそ勝てなかったものの、ヨークシャーオークス(英G1)3着、ブランドフォードS(愛G2)2着といった成績を残した。その3/4弟にインペリアルモナーク(12年パリ大賞-G1)、3/4兄にマウントアソス(英G3を2勝)、全兄にザグレートギャツビー(03年英ダービー-G1・2着)がいる良血。「Sadler's Wells×Slip Anchor×Reliance」という超がつくスタミナ血統なので、あまたいる種牡馬のなかから、現役時代にマイル以下のGIを6勝したロードカナロアに白羽の矢が立ったのだろう。同馬は、母方にNureyevを持つ産駒が大成功しており、桜花賞馬アーモンドアイをはじめ高確率で走る馬を出しているが、それと3/4同血のSadler's Wellsはこれまでのところめぼしい産駒は出していない。もちろん、初年度産駒のわずかなサンプルに限った話なので、これから変わってくる可能性は大いにある。芝向きの中距離馬で、2400mも守備範囲だろう。

●カウムディー(牝 美浦・小桧山悟 父エイシンフラッシュ、母チェインブラッド)
 母チェインブラッドは新馬戦(芝1200m)を勝った直後、調教中に左後肢を骨折し、復帰できぬまま引退した。3代母CalandraはプリティポリーS(愛G2)の勝ち馬で、その半妹にIntrepidity(93年英オークス-G1、93年サンタラリ賞-仏G1、93年ヴェルメイユ賞-仏G1)、愛米で重賞を3勝した・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す