netkeiba.com

ユーザー名

GIを狙える大物か、シーザリオの息子サートゥルナーリア

2018年05月09日(水) 12:00

≪2歳≫

●サートゥルナーリア(牡 栗東・角居勝彦 父ロードカナロア、母シーザリオ)
 エピファネイア(14年ジャパンC-GI、13年菊花賞-GI/父シンボリクリスエス)の半弟、リオンディーズ(15年朝日杯フューチュリティS-GI/父キングカメハメハ)の4分の3弟。母シーザリオはオークス(GI)やアメリカンオークス(米G1)などを制した名牝。父ロードカナロアは初年度産駒から桜花賞馬アーモンドアイ、スプリングS(GII)の勝ち馬ステルヴィオを出して大成功している。前者はNureyevを、後者はFairy Kingを持っている。これらはSpecial牝系の流れを汲むNorthern Dancer系種牡馬で、4分の3同血の関係にある。本馬はFairy Kingの全兄Sadler's Wellsを持つ。前記2頭と同じくサンデーサイレンスを併せ持つので配合構成の骨格は似ている。Sadler's Wellsは、NureyevやFairy Kingに比べると血の質が重いため、現時点でこの血を持つロードカナロア産駒は平均以下の成績しか挙げていない。しかし、バレークイーンやプリンセスオリビアといった名牝と同じく、シーザリオが抱えるSadler's Wellsには鈍重さがなく、大レース向きの底力を与えるので、むしろ期待のほうが大きい。血のポテンシャルを考えればGIを狙える。

●ジェミーウェイ(牝 美浦・伊藤圭三 父ジャスタウェイ、母プレシャスジェムズ)・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート!
14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す