netkeiba.com

配合的にも評価できるヴィルシーナの初子ブラヴァス

2018年05月30日(水) 12:00

●アドマイヤマーズ(牡 栗東・友道康夫 父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ)
 母ヴィアメディチはリウレイ賞(仏G3・芝1600m)の勝ち馬。本馬の半姉にVia Pisa(父Pivotal/15年リディアテシオ賞-伊G1・3着)、Via Firenze(父Dansili/17年ベルトランドタラゴン賞-仏G3・2着)、半兄にフレッチア(父Dansili/現4戦2勝)がいる。母の父Mediceanは現役時代にエクリプスS(英G1・芝10f)とロッキンジS(英G1・芝8f)を制し、種牡馬としては中堅級ながら、Machiavellianの息子で堅い馬場を得意とするので日本向きの血といえる。日本にはヴィアメディチのほかにシユーマが輸入され、ヘリファルテ(4戦3勝)とブレステイキング(18年プリンシパルS-OP・2着)の母となっている。ヴィアメディチはMachiavellianを介したHaloクロス、という繁殖牝馬として高い成功率を誇る配合構成。このパターンの繁殖牝馬には他に・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す