netkeiba.com

ロードカナロアの全弟ロードオヒア

2018年06月06日(水) 12:00

●カイザースクルーン(牡 美浦・相沢郁 父ルーラーシップ、母アイスフォーリス)
 母アイスフォーリスはオークス(GI)3着など重賞で再三入着した。本馬はその初子。母方の3代目に並ぶサンデーサイレンスとクロフネは父ルーラーシップと相性が良く、リリーノーブル(18年オークス-GI・2着、17年阪神JF-GI・2着)、ダノンディスタンス(17年京都新聞杯-GII・3着)、ロサグラウカ(新馬-水仙賞を連勝)はこれらを併せ持つ。父ルーラーシップはスピードの持続力が持ち味で、母アイスフォーリスもどちらかといえばワンペース型だった。そのあたりの弱点が伝わることなく、血統に見られる底力あふれる血がモノをいうなら重賞でも楽しみだ。芝向きの中長距離タイプ。

●ドナアトラエンテ(牝 美浦・国枝栄 父ディープインパクト、母ドナブリーニ)・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す