netkeiba.com

これからは早期デビューが「王道ローテーション」に!?(村本浩平)

2018年06月26日(火) 18:00



◆来年の「赤本」の取材時期も早めなければ、という気も…

 競馬ユニット「ドリームカムカム」の相方である、辻三蔵さん(笑)も6月12日のコラムで書かれていたように、今年の2歳戦はノーザンファーム生産馬(含む育成馬)の活躍が目覚ましい。

 どのぐらい活躍しているかについては、辻さんのコラムに目を通していただくことにして(笑)、ここからは少しだけ自慢をしていきたい。筆者は赤本の「オススメ10頭コーナー」で、「ノーザンファーム生産馬&育成馬に限定!」というルールで10頭のオススメ馬をチョイスしているのだが、その中からグランアレグリアとサートゥルナーリアがデビュー緒戦から圧巻の勝利。6月24日のメイクデビュー阪神にもアドマイヤジャスタが出走し、スタートのタイミングこそ合わなかったものの、直線で追い込んで2着に入着した。

 今週もダノンチェイサーが30日のメイクデビュー中京でデビューを予定。取り上げた他の6頭も順調に来ており、年内には10頭全てが勝ち上がっているどころか、その中から重賞勝ち馬も出てくるのでは! という気すらしてくる。

 今年の「オススメ10頭」を選ぶに当たっては、牧場スタッフの方の期待が感じられた馬だけでなく、「仕上がりが進んでいて、かつ、早い時期の入厩も望める」点も重要視した。その結果が6月終了時点における、取り上げた4頭のデビュー(予定)ともなっているのだが、数年前なら6月デビュー馬を指名することは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す