netkeiba.com

ミッキークイーンの妹で父がオルフェーヴルに替わったオーロトラジェ

2018年08月08日(水) 12:00

●ヴァルディゼール(牡 栗東・渡辺薫彦 父ロードカナロア、母ファーゴ)
 母ファーゴは現役時代に芝1600mで3勝を挙げ、1000万クラスまで出世した。本馬が初子。3代母Russian Balletはマルゼンスキー、ヤマニンスキー、ラシアンルーブルと同じ「Nijinsky×Buckpasser」という組み合わせ。なおかつ、トライマイベスト、El Gran Senor、ロッタレースとは4分の3きょうだいの関係にある超良血。

 ロッタレース牝系にロードカナロアにつけ、母の父にサンデー系種牡馬を挟むという配合から二冠牝馬アーモンドアイが誕生している。本馬はロッタレースの4分の3姉Russian Ballet牝系にロードカナロアをつけ、母の父がサンデー系なので配合構成がよく似ている。父ロードカナロアにはトライマイベストが含まれているのでEl Gran Senorとの4分の3同血クロスを持つ点も共通している。芝向きのマイラー〜中距離タイプ。

●エストレーモシチー(牡 美浦・田中清隆 父レッドスパーダ、母ネクストタイム)
 ゴールデンジャック(94年報知杯4歳牝馬特別-GII、94年サンスポ賞4歳牝馬特別-GII)とスターリングローズ(02年JBCスプリント-GIなど重賞6勝)の姪で、この2頭と4分の3同血(父が同じで母が親子)でもある母ネクストタイムは、1995年生まれなので本馬を産んだとき21歳という高齢だった。翌年は・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す