netkeiba.com

確度の高いニックスから誕生したシークレットアイズ

2018年08月29日(水) 12:00

●アディクション(牝 美浦・木村哲也 父ハーツクライ、母アディクティド)
 マイラーズC(GII)を勝ったクルーガー(父キングカメハメハ)の半妹。母アディクティドはシュヴァルツゴルトレネン(独G3・芝1600m)の勝ち馬。その半兄Acambaroはミュラーブロート大賞(独G2・芝2000m)、バヴァリアンクラシック(独G2・芝2000m)を勝ち、独ダービー(G1・芝2400m)で2着となっている。

 このところホウオウサーベル(1戦1勝)やヴェロックス(ジャスタウェイ産駒で1戦1勝)など、ドイツ血統の繁殖牝馬にハーツクライ系を掛けた勝ち馬が目につく。本馬はこのパターン。全姉アリストラインは未勝利戦を勝ち上がったあと足踏みしているが、母の父ディクタットはパワー型とはいえスピードタイプなので、スピード面に苦労することはないはず。芝向きの中距離タイプ。

●ウルクラフト(牝 栗東・吉村圭司 父ディープインパクト、母ウミラージ)
 全兄ウムブルフは京成杯(GIII)5着馬で、ディープインパクト産駒にしては切れる脚に乏しいものの、スタミナと道悪を苦にしないパワーが武器だった。母ウミラージはドイツの中長距離戦で良績を残し、母の父Monsunは独リーディングサイアーに3回輝いたスタミナ型の名種牡馬。

 ドイツ血統のなかでは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す