netkeiba.com

活力ある牝系から誕生した好配合馬アルテラローザ

2018年09月05日(水) 12:00

●アルディテッツァ(牡 栗東・池江泰寿 父オルフェーヴル、母スキッフル)
 母スキッフルは現役時代、1戦してしんがり負けを喫した見どころのない競走馬だったが、繁殖牝馬としては素晴らしく、フラガラッハ(父デュランダル/12・13年中京記念-GIII)、イリュミナンス(父マンハッタンカフェ/13年クイーンC-GIII・3着、15年クイーンS-GIII・3着)、フェルメッツァ(父ディープインパクト/14年アーリントンC-GIII・3着、17年小倉記念-GIII・3着)、エスティタート(父ドリームジャーニー/18年京都牝馬S-GIII・3着)を産んでいる。

 本馬の父オルフェーヴルはドリームジャーニーの全弟。したがって、本馬は前出のエスティタートと同血。「オルフェーヴル×トニービン」の組み合わせは1頭デビューし、現在2戦1勝(勝ち上がりは芝1400m)なので悪くない。芝・ダート兼用の中距離タイプ。洋芝や道悪は得意だろう。

●アルテラローザ(牝 栗東・藤原英昭 父ディープインパクト、母レディアルバローザ)
 ロードアルバータ(17年プリンシパルS-OP・3着)、オールフォーラヴ(18年忘れな草賞-OP)の全妹で、クイーンS(GIII)を勝ったキャトルフィーユの4分の3同血(父が同じで母同士が親子)。母レディアルバローザは中山牝馬S(GIII)を連覇したほかヴィクトリアマイル(GI)でも3着と健闘しており、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す