netkeiba.com

G1級のポテンシャル馬が続々とトライアル路線に! 「予想は難しくなさそう」と断言するGメンの追い切り情報

2018年09月12日(水) 18:00



転厩初戦を迎える有力馬2頭の状態は…


 今週は3日間開催。注目のレースはやっぱり秋華賞トライアル、ローズSと菊花賞トライアル、セントライト記念でしょう。個人的には小粒感が否めないローズSと見応えありそうなセントライト記念という印象。ローズSにはオークスの3着以内馬が出走しないことが小粒と思わせるだけで、ここで権利を獲って、本番で大きな華を咲かせる可能性は十分です。

 セントライト記念も中山巧者の美浦所属馬に対し、栗東所属馬がどんな結果を出すか。楽しみなレースですが、ローズSもセントライト記念も予想主軸となる調教ファクターがあり、それに該当している馬が絞られているので、予想は難しくなさそう。

 こちらはウマい馬券をご覧いただくとして、いろんな意味で面白いレースになりそうなのは神戸新聞杯。こちらはトレセンニュースに追い切り速報を掲載しているので、そちらもご覧いただければと思います。

【ローズS/サトノワルキューレ】

 ひとつお断りしておくと、所属厩舎が角居勝彦から中竹和也へ転厩になっていますが、基本的な調教内容は変わっていません。ただ、今回は休み明けということもあり、どんな調教内容を課してくるのか、これには興味津々でした。

 結論から言えば、フローラSやオークスと変わりなく、1週前追い切りをCW、最終追い切りを坂路という内容。気になるところは最終追いが坂路で4F目13.2秒と前記2レースよりも失速したラップになったところでしょうか。この動きを見ても、脚はためて一気に使った方がいいタイプ。この距離でどの位置でどんな競馬をするのか。次走へ向けて脚をためるようなら差し届くかどうか。また前走のように位置を取りに行けば、なし崩しに脚を使うような気がします。

サトノワルキューレ

転厩初戦のサトノワルキューレは距離が鍵になりそう(ゼッケン387)


【ローズS/カンタービレ】

 サトノワルキューレ同様、厩舎が替わっていますが、調教内容は変わりません。ただ、この馬自身は・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

井内利彰

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「<a href="http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH65">Beginners room</a>」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:<a href="http://blog.goo.ne.jp/iuchi7/" target="_blank">井内利彰ブログ</a>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す