netkeiba.com

父ロードカナロア、母ロンドンブリッジのキャノピーウォーク

2018年10月03日(水) 12:00

●オーラクルム(牡 栗東・須貝尚介 父ハービンジャー、母デグラーティア)
 母デグラーティアは新馬-フェニックス賞(OP)-小倉2歳S(GIII)と3連勝したスピード馬。3歳春から1年3ヵ月の長い休養を挟み、4歳夏に復活後、北九州短距離S(準OP)を快勝し、北九州記念(GIII)でも5着と健闘した。仕上がりの早さだけが武器だったわけではない。血統的に注目したいのはフジキセキとDeputy Ministerのニックス。

 この2つの血を近い世代に持つ馬は、カネヒキリ(ダートG1を7勝)、サウンドトゥルー(15年東京大賞典-G1などダートGIを3勝)、ホワイトフーガ(15、16年JBCレディスクラシック-Jpn1などダート重賞7勝)、ミラクルレジェンド(13年エンプレス盃-Jpn2、10年クイーン賞-Jpn3、12年マリーンC-Jpn3)、メイケイペガスター(13年共同通信杯-GIII)、カラフルデイズ(11年関東オークス-Jpn2)がいる。

 血統的背景がしっかりしているので繁殖牝馬としても優秀で、ドミナートゥス(6戦3勝で現在1600万下)を産んでいる。本馬はフォーアライター(6戦1勝)の全弟。同馬は脚部不安で3歳春のレースを最後に引退したが、無事ならば上のクラスまで出世していたであろう素質馬だった。兄が果たせなかった夢を弟が果たすことを期待したい。芝向きの中距離タイプ。

●キャノピーウォーク(牝 美浦・大竹正博 父ロードカナロア、母ロンドンブリッジ)
 母ロンドンブリッジはファンタジーS(GIII)を勝ち、桜花賞(GI)でも2着に逃げ粘った快速馬。繁殖成績は優秀で、これまでにダイワエルシエーロ・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す