netkeiba.com

ユーザー名

勝ったサンライズノヴァの強さは、これは本物/ユニコーンS

2017年06月19日(月) 18:00



◆「東京ダート」の経験が手がかりになることが改めて浮かび上がった結果に

 4馬身差の独走を決めたのは、2番人気のサンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)だった。

 その母ブライトサファイヤ(父サンダーガルチ)は、2007年のフェブラリーSを勝ったサンライズバッカス(父ヘネシー、母リアルサファイヤ)の2歳上の半姉になる。珍しいサンダーガルチ産駒なのは、1999年に1年間のリース契約で日本で供用されたときの産駒のため。サンダーガルチは注目を集めながらあまり活躍馬は送れなかったが、期待のリアルサファイヤの交配相手に選んだのは、やがて訪れるダート新時代を読んだ日高のヤナガワ牧場の見事な展望だった。

 つづいてリアルサファイヤの相手に選ばれたヘネシー(この馬も1年間のリース種牡馬)の産駒サンライズバッカスが・・・

続きはベーシックコース
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す