netkeiba.com

ユーザー名

力強いストライドで素晴らしい能力がみえた/阪神JF

2017年12月11日(月) 18:00



◆石橋脩騎手にクラシック制覇のチャンスが回ってきた

 来季に向けた世代最初のGIを制したのは、今年の新種牡馬オルフェーヴル産駒のラッキーライラックだった。

 年が変わって3歳になると、まだ新星が次つぎに出現する。また、敗戦を経験した馬が大きく変わりながら、勢力図はどんどん塗り替わるはずだが、2戦2勝の無敗馬が4頭いて、その4頭が上位4番人気までを占めた結果は、高い支持を受けた4頭が「1着(2番人気)、2着(3番人気)、3着(4番人気)、9着(1番人気)」だった。

 人気の中心ロックディスタウン(父オルフェーヴル)こそ崩れたが、評価された4頭のうちの3頭がその支持通りに、かつ、明確に標準以上の好記録「1分34秒3」で上位を独占したこの世代は、わかりやすい勢力図のベースが成立したと考えられる。

 けっして数字(人気という評価)にこだわるわけではないが、高い能力をもつ馬が結果を出しやすくなった現在の阪神コースになって以降、今回とほとんど同じように、「上位3着までを、上位4馬番人気以内の馬」が独占したケースが3回だけある。ウオッカの勝った2006年、ブエナビスタの勝った2008年、そしてソウルスターリングの勝った昨2016年である。

 正攻法の好位〜中位差しで、期待通りに抜け出し1分34秒3で快勝したラッキーライラック・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す