netkeiba.com

青梅特別と高速コンディションが微妙に影響した展開/ユニコーンS

2018年06月18日(月) 18:00



◆歴史的なダート巧者一族の血を引いているルヴァンスレーヴ

 直前の1000万条件「青梅特別」ダート1600mを1分35秒2(上がり35秒3)の快時計で楽勝したのは、3歳馬シヴァージ(父ファーストサムライ)。ユニコーンSにも第一回登録はあったが、グリム(父ゼンノロブロイ)と同じ野中厩舎。同じオーナーであり、こちらは除外の危険があったため重賞挑戦は見送った。除外されてからでは、青梅特別もフルゲートを超えているので再投票での出走は不可能であり、結果、最初から青梅特別に回った陣営の判断は大正解だった。

 この結果から、メインは速い時計が予測され、また、積極的に先行することが高速コンディションに対応する最善策と思われた。ただ、このことが微妙に影響する。

 重馬場発表の高速ダートに、すでに高い適性を示していたのは、10月の不良馬場の東京ダート1600mで1分36秒2(2歳JRAレコード)を記録していたルヴァンスレーヴ(父シンボリクリスエス)であり、高い支持にこたえ1分35秒0のレースレコードで快勝してみせた・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す