netkeiba.com

ユーザー名

ダートで大仕事が期待できるエスポワールシチーの半弟ダークリパルサー

2017年09月20日(水) 12:00

ダークリパルサー(牡 美浦・金成貴史 父ハードスパン、母エミネントシチー)
 2年連続で最優秀ダートホースに選出されたエスポワールシチーの半弟。父ハードスパンは全日本2歳優駿(GI)を勝ったサマリーズの父で、日本で供用されたのはわずか1年。本国アメリカでの成績が予想以上に優秀だったため、すぐ呼び戻されて帰ってしまった。シャトルで渡ったオーストラリアで芝のG1馬を出し、アメリカでもアーリントンミリオン(G1・芝10f)の勝ち馬を出しているので、芝適性もそれなりに備えているが、前述のとおり本馬はエスポワールシチーの半弟なのでダート向きだろう。母エミネントシチーはブライアンズタイムとブレイヴェストローマンのニックスのほか、Golden Trail≒トラフィック3×3、Flower Bowl≒Cover Up 4×6という相似な血のクロスを持つパワー型の傑作配合。本馬はRoberto 4×3という大物感のあるクロスを持っており、ダート中距離で大仕事が期待できる。

プリメラビスタ(牝 栗東・池添学 父オルフェーヴル、母ビワハイジ)
 エアグルーヴをくだして阪神3歳牝馬S(GI)を勝ち、2歳牝馬チャンピオン(当時は3歳牝馬チャンピオン)となったビワハイジは、繁殖牝馬として日本競馬史上有数の成功を収め、女傑ブエナビスタ(父スペシャルウィーク/11年ジャパンC-GI、10年天皇賞・秋-GI、09年桜花賞-GI、09年オークス-GI、08年阪神JF-GI、10年ヴィクトリアマイル-GI)を筆頭に・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す