netkeiba.com

ユーザー名

ディープインパクト×アゼリの最高傑作シルヴァンシャー

2017年07月26日(水) 12:00

キャットタング(牝 栗東・音無秀孝 父Tapit、母Wile Cat)
 キングシレニアS(英G3・AW6f)を勝ったShumoos(父Distorted Humor)の半妹にあたる。母Wile Catは不出走ながらCat Fighter(04年ラカナダS-米G3)の全妹にあたり、2代母Strategic ManeuverはスピナウェイS(米G1・ダ6f)、メイトロンS(米G1・ダ7f)など4つの重賞を制した名牝。父TapitはA.P.Indy系のトップサイアーで、14年から3年連続で北米リーディングサイアーの座につき、種付料30万ドルは北米ナンバーワン。日本ではフェブラリーS(GI)を勝ったテスタマッタ、UAEダービー(首G2)を制したほかベルモントS(米G1)で3着と健闘したラニ、全日本2歳優駿(Jpn1)2着のタップザット、根岸S(GIII)2着のタールタン、UAEダービー(首G2)3着のゴールデンバローズなどを出している。本馬と同じく母方にStorm Catを持つTapit産駒には、Hansen(11年BCジュヴェナイル-米G1)、Careless Jewel(09年アラバマS-米G1)、Sweet Loretta(16年スピナウェイS-米G1)、テルアケリー(10年デビュタントS-米G1)などがいる。ダート向きのマイラー。

クリームヒルト(牝 美浦・二ノ宮敬宇 父ノヴェリスト、母クロフォード)
 母クロフォードは新馬戦(芝1200m)を快勝したあと新潟2歳S(GIII・芝1600m)に臨み3着と健闘した。父ノヴェリストは現2歳世代が初年度となる新種牡馬。ドイツ血統のドイツ調教馬で、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1・芝12f)を5馬身差でレコード勝ち(2分24秒60)するなど・・・

続きはベーシックコース
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す