netkeiba.com

休み明けの有力馬の仕上がりは? 神戸新聞杯など注目馬の追い切りチェック!

2018年09月20日(木) 18:00



ここまで動く!?っていうくらいに動いたのは…


 先週の3日間開催の影響で、今週の調教は変則。18日の火曜日が全休で、19日の水曜日が通常の火曜日、休み明けという状況でした。これにより、当コラムの公開日も変更してもらいましたが、その理由は最終追い切りが20日の木曜日に集中すると思ったから。確かに追い切りは通常の木曜日よりも多くなりましたが、ここで取り上げるレースの出走予定馬は意外にも水曜日に追い切りを済ませています。

 理由のひとつとしては、重賞出走予定馬は全休だった火曜日に調教することができるということ。ですから、馬によってはいつもと同じように月曜日を休み(もしくは運動だけ)にして、火曜日に乗るということができます。

 目一杯の追い切りで仕上げるようなG1なら木曜日に追い切ったと思いますが、今週の重賞はG1に向けたトライアルですし、レースまでの間隔を詰めるくらいなら、いつも通りに水曜追いを選択するといったところでしょう。それにしても各有力馬が休み明けというのに、好仕上がりばかり。そういった意味で頭を悩まされます。

【オールカマー/アルアイン】

 前走の香港遠征では、自分の眼で確認したわけではありませんが、調教がスムーズでなかったというニュースがあります。だからなのか、今回は栗東でのトラック馬場追い切りは行っていません。札幌競馬場に滞在していた時にダート馬場で乗っているので、正確には坂路オンリーというわけではありませんが。

 よって、最終追い切りも栗東坂路。4F52.4秒と全体時計がそこそこ速いにもかかわらず、4F目12.2秒で最速になる動きはさすが。1週前、2週前と4F51秒台をマークしている点も考慮すれば、全体的な調教内容になんら問題はない、というか休み明けでも十分すぎるくらいに仕上げているといってよいでしょう。あとはCWでの追い切りがない点がどうか、これに尽きます。

アルアイン

休み明けでも十分すぎるくらいに仕上がっているアルアイン


【オールカマー/ダンビュライト】

 1週前追い切りが栗東坂路で・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

井内利彰

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「<a href="http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH65">Beginners room</a>」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:<a href="http://blog.goo.ne.jp/iuchi7/" target="_blank">井内利彰ブログ</a>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す