netkeiba.com

ユーザー名

“大賞典ハンター”ヒットザターゲット いよいよラストラン

2018年02月13日(火) 18:02

小牧太

ヒットザターゲットのラストランに向けた思いを語ってくれました


今週末は、いよいよヒットザターゲットの引退レースとなる小倉大賞典です。2015年の目黒記念をテン乗りで制し、以来、前走の日経新春杯までコンビを組むこと10戦。枠順に一喜一憂しながらも、常にそのときできる精一杯の騎乗を見せてくれた小牧騎手。今回は、ヒットザターゲットとの思い出を振り返りつつ、ラストランに向けた思いを語ってくれました。
(取材・文/不破由妃子)



内枠が当たることを祈るだけ!


──今週はついにヒットザターゲットのラストランですね。

小牧 そうやねぇ。なんか今回が重賞連続出走40回目とかで、また記録を更新するんでしょ? すごいよね。大したもんや。

──ホントですよね。ここまで大きなケガもなく、10歳まで元気に走り続けるなんて、馬はもちろん、厩舎のみなさんにも頭が下がる思いです。さて、ラストランということで、ヒットザターゲットにまつわるメッセージや質問がたくさん届いています。なかでも一番多かったのが、「一番印象に残っているレースは?」という質問です。

小牧 勝った目黒記念(2015年)も、何もかもが思い通りにいったレースやったけど、それ以上に札幌記念(2着)が印象に残ってるなぁ。最後、すごい脚を使って2着(アタマ差)やったけど、完全に脚が余ってたもんね。今思い出しても、あれはホンマに惜しかった。札幌に1頭だけ乗りにいったのもあって・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

関連情報

小牧太

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す