netkeiba.com

『オールカマー』は平均値、『神戸新聞杯』は前走値重視に徹せ?/オールカマー

2018年09月24日(月) 12:00

(c)netkeiba.com



 東西ともにダービー馬強し!

『神戸新聞杯』を勝ったワグネリアン陣営はレース後、次走を『天皇賞秋』と発表したようです。これで『天皇賞秋』は3世代ダービー馬(レイデオロ・マカヒキ)の共演という夢のようなレースになりそう。もう、今からワクワクしますね!

 さて今週の2重賞を振り返っておきましょう。

【検証ナンバー152】
サンプルレース名/2018年09月23日(日)中山11R・オールカマー(GII)芝2200m

【レース前状況】
 4歳勢のスターが出走。1番人気は昨年のダービー馬レイデオロ(ルメール)に。前走海外の『ドバイシーマC』以来6か月ぶりの出走だが、ここでは格上で人気に。2番人気は同世代で今年の『AJCC』勝ちのダンビュライト(武豊)。3番人気には昨年の皐月賞馬アルアイン(北村友)となった。以下、人気はガンコ(藤岡佑)、エアアンセム(田辺)、ゴールドアクター(吉田隼)と続いていた。

【レース結果】
1着レイデオロ   牡4(1番人気)
2着アルアイン   牡4(3番人気)
3着ダンビュライト 牡4(2番人気)

【払い戻し】
単勝 200円
枠連 490円
馬連 490円
馬単 690円
3連複 490円
3連単 1640円

やっぱり『平均値』が機能する『オールカマー』!


 役者がキッチリと仕事をしたレースだった。

 終わってみれば4歳世代の人気3頭での決着。特にダービー馬レイデオロが・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

大石川大二郎

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す