ケープブランコの主戦、ジェイミー・スペンサーが今シーズン限りで引退

2014年8月27日(水) 12:00



引退後は「カタール・レーシング」のマネージメントチームにアドバイザーとして参画

 欧州のトップジョッキー、ジェイミー・スペンサー(34歳)が、今シーズン一杯で現役を退くことが明らかになった。8月21日に、スペンサーが自ら発表したものだ。

 スペンサーは昨年から、シェイク・ファハドを中心としたカタールの王族による競馬組織「カタール・レーシング」の主戦騎手を務めているが、2015年1月からは同組織のマネージメントチームにアドバイザーとして参画することになったものだ。

 63年のチェルトナム・チャンピオンハードル勝ち馬ウィニングフェアらを手掛けた調教師ジョージ・スペンサーの子息として、1980年6月8日に愛国のティッペラリーで生まれたジェイミー・スペンサーは、リアム・ブラウニー調教師のもとで騎手デビューを果たし、96年5月11日にダウンパトリック競馬場で初勝利を挙げている。

 まだ見習い騎手だった2年後の98年5月、トミー・スタック厩舎のタラスコンでG1愛1000ギニーに優勝。当時17歳だった彼は、愛国における史上最年少のクラシック勝利騎手となり、その名は一躍欧州競馬サークルに知れわたることになった。

 2年後の00年に英国に移籍し、ルーカ・クマーニ厩舎の所属馬を中心に騎乗。自厩舎のエンドレスホールで01年のG1シンガポール国際C、同じく自厩舎のゴッサマーで01年のG1フィリーズマイルや02年のG1愛1000ギニーを制した他、ヘンリー・キャンディ厩舎のカイラキーで02年のG1ナンソープS、エイダン・オブライエン厩舎のブライアンボルーで03年のG1セントレジャー制覇を果すなど、その出世はトントン拍子だった。

 ブライアンボルーへの騎乗が縁で、腕を見込まれたスペンサーは翌04年、愛国の巨大組織エイダン・オブライエン厩舎の主戦に抜擢された。この年...

1959年(昭和34年)東京に生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬に学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。

©NetDreamers