すでに誰かが使っていた実況フレーズ

2015年9月5日(土) 12:00



もしもアナウンサーの言葉に著作権があったら…

 もう30年ほど前の話です。ちょうど今ごろ、月のきれいな夜に、川崎球場(今はアメフト専用スタジアムに生まれ変わりました)で文化放送ライオンズナイターの途中経過レポートを担当していた私。ワンバウンドの暴投で得点が入った場面について、次のように“報告”しました。

「昔、『月に向かって打て!』と言った人がいましたが、きょうの〇〇投手は地球に向かってボールを投げちゃいました」。

 すると、本番カードを中継していた元名選手の解説者と先輩アナウンサーは、揃って「おもしろいこと言うねぇ」と大笑い。局へ帰った後には、いつもは怖いベテランディレクターから「あれはよかったよ」とお褒めの言葉もいただきました。

 でも実は、素直に喜べなかったんです。「地球に向かってボールを投げた」という表現は、以前にどこかの野球中継で誰かが使っていたような記憶があって、それをパクっちゃったという思いがあったからです。

 いつ、誰が使っていたか、はっきりとは思い出せません。本番カードの解説者、実況アナウンサー、局で聴いていたディレクターも知らなかったフレーズです。つまり、「私のオリジナル」で通ってしまう話。それでも内心は、ウケたことがうれしくもあり、恥ずかしくもあり、複雑な感じになっていました。

 何で突然こんなことを書いたか? そう、東京オリンピックのエンブレム使用中止事件で、デザインの著作権が問題になっているからです...

テレビ東京「ウイニング競馬」の実況を担当するフリーアナウンサー。中央だけでなく、地方、ばんえい、さらに海外にも精通する競馬通。著書には「矢野吉彦の世界競馬案内」など。

©NetDreamers