【オススメの競馬書籍(10)】島田明宏さんの推薦はディック・フランシス作品

2015年12月7日(月) 12:00

▲馬事文化賞作家・島田明宏さんが選ぶ名著とは

netkeibaの人気コラムニストたちが、競馬ビギナーさんに「ぜひ読んでもらいたい!」という競馬書籍を紹介するこの企画。最後に登場するのは馬事文化賞作家で、コラム「熱視点」を執筆中の島田明宏さんです。




世界の名作を、美しい日本語で味わう。その中身は競馬という贅沢。


 ディック・フランシス(1920−2010)の「競馬ミステリ・シリーズ」は絶品だ。

 フランシスは、イギリスで障害の騎手として活躍したのち、鞭をペンに持ち替え、1962年に処女長編小説『本命』を発表。以降、ほぼ年に一冊のペースで競馬ミステリを発表しつづけた。

 64年生まれの私が競馬を始めた80年代の終わりには二十数冊が世に出ていた。馬券師としても物書きとしても先を進んでいた何人もに、「読んでいない」と言うと絶句されたので慌てて買った。即、ファンになった。...

netkeibaが誇る講師陣が、競馬ビギナーさん向けに競馬の楽しみ方をレクチャー。もちろん、ベテランさんだって楽しめる内容となっています!

©NetDreamers