佑介騎手らが札幌の子供たちをおもてなし! 夏休みイベントレポート(1)

2017年8月23日(水) 18:01

▲佑介騎手ら6名の現役ジョッキーが、札幌競馬場で地元の小学生を対象にした夏休みイベントを開催!

藤岡佑介騎手プロデュースの夏休みイベント第2弾! 熊本の小学生を対象とした昨年の復興支援イベントに続き、今年は札幌競馬場を舞台に地元の小学生たちをおもてなし。イベント当日は、"地元の子供たちと交流できる機会を"という佑介騎手の思いに賛同した、藤岡康太騎手、荻野琢真騎手、国分恭介騎手、城戸義政騎手、小崎綾也騎手の5名も気合い十分に集結しました。バックヤードツアー、引馬体験、バーベキュー、ビンゴ大会などなど、今年の内容も盛りだくさん! 「with佑」では、写真で振り返る『子供たちの笑顔が溢れたイベントレポート』と『参加ジョッキー6名・それぞれの思い』を2週にわたってお届けします!(構成:不破由妃子)



バックヤードツアーでは、子供たちもゲートイン!


 今年のイベントは、題して『馬とジョッキーと遊ぼう♪』。どこまでも広がる青空のもと、地元の小学生と保護者約50名がジョッキーたちとの時間を満喫しました。

<11:00 札幌競馬場バックヤードツアー>

 パドックで子供たちを出迎える各ジョッキーたち。挨拶のあとは、さっそくRisy(佑介騎手ほか、多くのジョッキーが所属するマネージメント事務所)オリジナルハンカチをプレゼント!

 その後、下見所待機部屋を案内し、みんなで芝コースへ。青空と芝の緑が眩しい!

 ゴール前で子供たちと記念写真をパチリ。佑介騎手に抱かれた赤ちゃんがギャン泣きしておりますが…(苦笑)、これも夏の日のいい思い出!?

 練習用のゲート見学から検量室へ。ゲート内に入り、競走馬の気持ちを体感した子供たち。 貴重な体験に大はしゃぎでした。

 検量所前では、勝負服、ヘルメットを身に付け、ステッキを手に記念撮影も。

<12:00 乗馬苑にてバーベキュー>

 みんな大好きなお肉はもちろん、北海道産のトウモロコシやアスパラなどでおもてなし。佑介騎手、すっかりBBQ職人です!

 8月6日に落馬負傷した藤岡康太騎手ですが、「バーベキューの焼き係くらいなら…」ということで、ケガをおしてここから参加してくれました...

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

©NetDreamers