喧嘩を売るのはたいていエイシンチャンプから!? 今でも見せるGI馬の勝負根性

2017年9月26日(火) 18:00

▲「エイシンチャンプの今」の第2回、GI馬ならではの勝負根性に迫ります(撮影:佐々木祥恵)

好物は人参・スイカ・梨、実はフルーツが大好き


 朝日杯FS(GI)に勝ち、2002年のJRA賞最優秀2歳牡馬に選出されたエイシンチャンプ(セン17)は、千葉県長生郡一宮町にある九十九里浜一宮乗馬センターで乗馬としての第二の馬生を送っている。こちらにやって来たのが2007年だから、乗馬としての馬生はかれこれ10年に及ぶ。

 クラブ名に九十九里浜とついているだけあって、海岸が歩いても行ける距離にあり、係員が引き綱で引いて海辺に行く「海と林間コース」や乗馬経験者対象の「海岸騎乗」がこのクラブのセールスポイントでもある。

 残念ながらエイシンチャンプは海岸には出ず、馬場内で騎乗する人向けの乗馬として活躍している。代表の中村陽子さんによると「何回かは海の方に行ったこともあるのですが、元々、繊細な馬なので、普段は馬場の中で仕事をしてもらっています」とのこと。

「反動が柔らかいですし、乗り心地も良いです。よく走った馬なのでお利口さんですし、チャンプに乗るととても上手になった気がするとお客様からお褒めの言葉をいただきます。ここに来て2、3年は競馬を思い出すのか、スピードが上がってしまうこともありました。最初は気性がきついから乗馬は難しいのではないかと言われたこともあるんですよ。

 競馬であれだけ走った馬なので、ピリッとしたところもあって、先ほども言ったようにちょっと何かあるとイラっとしてドーンとスピードが上がることも若い頃にはありました。それもあって、乗馬初心者というよりは、少し乗れる中級者以上の方が対象になっていますが、人気ナンバーワンかもしれませんね。それに今はイラッとする面もほとんどなくなって『はい、はい。次はああでしょ、こうでしょ』みたいな感じで動いてくれて、すっかりベテランになりました(笑)」(中村さん)

▲「チャンプに乗るのは乗馬中級者以上の方、人気ナンバーワンかも」と代表の中村陽子さん

...

北海道旭川市出身。少女マンガ「ロリィの青春」で乗馬に憧れ、テンポイント骨折のニュースを偶然目にして競馬の世界に引き込まれる。大学卒業後、流転の末に1998年優駿エッセイ賞で次席に入賞。これを機にライター業に転身。以来スポーツ紙、競馬雑誌、クラブ法人会報誌等で執筆。netkeiba.comでは、美浦トレセンニュース等を担当。念願叶って以前から関心があった引退馬の余生について、当コラムで連載中。

©NetDreamers