秋GIスタート!混戦スプリンターズSの最終追い切りチェック!

2017年9月27日(水) 18:00



前走時が仕上がり良好、今回馬体的な上積みはないか


 いよいよ、今週から秋のGIがスタート。本当なら、わくわくするようなスプリンターの集結だったと思いますが、やっぱり小粒なメンバー、というか「休み明けどうなんだ」という実績馬が多く、あまり胸が高鳴ってくる感じがありません。もちろん昨年の覇者レッドファルクスが美浦所属ということもあるのでしょうが、こちらは高松宮記念の覇者ビッグアーサーがいるはずで…。

 これについては下記にありますので、参考にしていただければと思います。netkeiba.comの予想オッズを見て意外だったのはメラグラーナの2番人気。やはり前走の最後の直線は不利だったと思われている方が多いのか、中山芝1200mなら巻き返してくるはずだと思われる方が多いのか。それにしても、シュウジって人気が一気に落ちたんですね、とか予想オッズを見ていると、いろいろ考えるところがありそうです。

【スプリンターズS/ビッグアーサー】

 1週前追い切りはトレセンニュースでもお伝えしましたが、終いの止まり方が気に入りませんでした。というか、好調時は時計を要したとしても、勢いがあったのですが、本当に止まっているといった走り。少しもたれるようなところがあったのも気になっていました。しかし、デビュー前の追い切り以来だった城戸騎手だったことも影響しているかも知れないと思い、最終追い切りに注目しました。

 いつもの担当助手が跨っていましたが、スタート時に首を振るのはいつものこと。最初だけ我慢して...

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

©NetDreamers