見えない糸で結ばれていたキクノスパンカー Nさんを守るために現れたスパンカー(3)

2017年12月12日(火) 18:01

Nさんめがけて駈けてくるキクノスパンカー


▲最近のキクノスパンカー、提供:Nさん

 キクノスパンカーが長い年月を穏やかに過ごしたえりも町の牧場の閉場が決まった。スパンカーを預託について、最初に相談を持ち掛けたイートハーヴ・オーシァンファームの大井昭子氏は既に他界していたが、Nさんは大井氏の馬への熱い思い、愛情が詰まったその牧場に愛馬キクノスパンカーを預託することに決めた。馬を第一に考える人々の愛情に包まれて過ごしたえりも町での15年の日は、スパンカーにとってもNさんにとってもかけがえのないものだったはずだ。スパンカーが健やかに第二の馬生を送ることができた感謝の気持ちを胸に、名門と言われたえりも町の牧場をあとにしたのだった。

 同じ北海道とはいえ、えりも町から白老町までは200キロ弱。馬運車に揺られて移動したスパンカーは、元気にオーシァンファームの地を踏んだ。スパンカーに会いに、札幌から出向いたNさんが到着して当時の牧場長と話をしていると、1頭走ってくる馬がいた。他の馬たちは放牧地で静かに佇んでいるのに、その馬だけがNさんめがけて雪煙をあげながら駈けてくる。額には流星があった。紛れもなくスパンカーだった。

「その姿を見て涙がこぼれました。まるで僕はここに来ましたよって言っているみたいでした」

 ずっと一緒にいたわけではないのに、自分の大切な存在をスパンカーはわかっている。人間が考えている以上に、馬は賢く人の気持ちに応える生き物なのだ...

北海道旭川市出身。少女マンガ「ロリィの青春」で乗馬に憧れ、テンポイント骨折のニュースを偶然目にして競馬の世界に引き込まれる。大学卒業後、流転の末に1998年優駿エッセイ賞で次席に入賞。これを機にライター業に転身。以来スポーツ紙、競馬雑誌、クラブ法人会報誌等で執筆。netkeiba.comでは、美浦トレセンニュース等を担当。念願叶って以前から関心があった引退馬の余生について、当コラムで連載中。

©NetDreamers