ラストランで有終の美を飾れるか?武豊騎手に直撃!

2017年12月19日(火) 18:00

【年末年始の更新スケジュール】
 今年の更新は本日分で終了です。年末の26日は休載となり、年明け9日が初回の更新となる予定です。

馬房の奥をじっと見つめて自分の世界に入るキタサンブラック



武豊騎手「悔いを残さないレースをしたい」


 最終章、有馬記念GI(芝2500m)の日がとうとうやってきましたね。そしてファン投票ダントツ一番人気のキタサンブラックにとっても最終章を有終の美で飾ってほしいです!!

 24日は、クリスマスイブの日にでっかいプレゼントをブラックサンタさん持ってきてください。

 いつもどおりトレセンスタンドへ行くと豊騎手の周囲には人だかりで大きな笑い声が飛び交っていました。もちろん僕も参加させていただくと豊さん特有のユーモアで記者団をちょっぴりいじっていました。

 いつもながらユーモアは冴えていますよねと豊さんにお聞きすると、「そうか?つねちゃんには負けるよ」と話しをひっくり返されました。(ここがユーモアなんですよね)

ユーモア溢れる武豊騎手の周囲に大きな笑い声が飛び交っていました

常石 有馬記念は、ブラックの様子はどうですか?

武豊 まだ、俺は有馬記念を2回しか勝っていないのでむつかしいレースなんだよね。その2回がオグリキャップとディープインパクトのラストランを勝つことができたから今回のキタサンブラックも有終の美を飾れるように頑張りたいし頑張るわ。あれだけの馬が引退するのは残念だしさみしくなる。悔いを残さないレースをしたい。

常石 豊さんがブラックに乗り始めてから強くなってきた感じがするんですが、ブラックに感じることってありますか?

武豊 16年春の...

常石勝義
1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。

©NetDreamers